INTERMEZZO12-5「日の丸・君が代」を平和の象徴に。

わたしは、君が代を指導する立場の音楽教師として、当時の校長に「こういう問題が起こっているので、この曲の背景を是非、校長講話として全校の生徒に語ってもらえないでしょうか。」とお願いしたことがあります。

けれども、その願いも一笑に付され、鼻にもかけてもらえませんでした。
ですから私は自分の音楽の時間に、教えている子ども達に語りました。

「君が代や、日の丸は、とても美しい曲でデザインで、日本の誇りですよね。でも、この曲や、この旗を見ると悲しい思いや苦しい思いを想い出す人たちが世界にはいるのです。」

「残念ながら戦争という乱暴な行為の中で、日本は世界にひどいことをしてしまいました。その時に「日本の象徴」として使われていた日の丸は、そういう人たちから憎まれてしまったのです。君が代も同じです。だから、この曲を歌うときにはそういう悲しい思いをさせてしまった人たちがいることを考えながら、軽々しい気持ちでは歌わないでください。
廊下でふざけて歌っている人がいるけれど、そういう時にこの曲がどういう歴史を背負ってきたのかをちょっと考えてみてください。」

……子ども達は、真剣な表情で聴き入っていました。子ども達にもちゃんとわかるのです。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

今、日本は世界から注目されています。いい意味でも、そして最悪の意味でも。

震災によって未曾有の被害を受け、そこから立ち直ろうとしている日本人を世界は心から応援してくれています。その一方で、日本は世界で初めての被曝国でありながら、この地球に対して放射能汚染という最大の罪を犯すことになってしまいました。

それに対しての議論は今はしませんが、「日の丸」「君が代」を、世界に誇れる旗と歌にできるのかどうかを試されているときなのではないかと私は思います。

条例で不起立の人間を処分します……なんて正直くだらないことをいっているときでしょうか?そんな事よりも、なぜ不起立の人間がいるのか、考えてみてください。

そんな世の中になって「強制反対」という言葉さえも言えなくしてしまう社会だったから……日本に原発が存在してこんな状況になってしまったんじゃないのか……日の丸君が代の「強制」と、それに対しての処分という実はまったく視点の違う対立問題は、ある意味原発の建設についてもきっと賛成派反対派で似たような視点の食い違いや情報操作のようなことが起こっていたのではないかと思うのです。

君が代、日の丸、に何も罪はありません。これが国旗、国歌であることに反対する人はたぶんほとんどいないんです。反対するのはその「強制」に対して。

そのあたりの視点を一つ持って日本という国のあり方について見直してみたら、原発問題にしても、天下り問題にしても、政治の問題にしても、「本当にこの国が進むべき道」がどこにあるのかが見えてくるのではないのでしょうか。

そうして日本が、世界に胸を張って歩ける国になったとしたら……この震災を通してみんなの心がそこに向かって一つになっていくのだとしたら……世界の平和の象徴として、この国が存在することができるようになったら、きっと「強制」などしなくても、みんなが胸を張って日の丸を仰ぎ、君が代を大きな声で歌う時が来るに違いないのです。

震災を乗り越えて、悲しみの上に立って、胸を張って世界の平和を真剣に考え、世界の先に立って平和に向かうことができる国、日本。その象徴として「君が代・日の丸」……あの美しいメロディーが流れ、シンプルでも印象深いデザインの旗が青い空にはためいたとしたら……それはとても美しい情景に違いないと、皆さんイメージできるのではないでしょうか?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

目次

記事

PROFILE

駒村みどり
【スマイルコーディネーター】

音楽活動(指導・演奏)、カウンセリングや学習指導、うつ病や不登校についての理解を深める活動、長野県の地域おこし・文化・アート活動の取材などを軸に、人の心を大切にし人と人とを繋ぎ拡げる活動を展開中。

WebマガジンNgene特派員
(長野県の文化、教育、地域活性化などに関わる活動・人の取材)
【羅針盤】プロジェクトリーダー。

Twitter:komacafe 
HP:コマちゃんのティールーム
メルマガ:【うつのくれた贈り物】
facebook:Midori Komamura

詳細は【PRPFILE】駒村みどりに記載。

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930