第4章「イメージ」出来たら勉強が楽しくなる。

お勉強

Photo : Midori Komamura(my father)

1 「ゆとり教育」はなぜ失敗したか。

 (1) 「勉強」と「学習」は全く違うもの。~エジソン成功の理由
 (2) 「ゆとり」という間違ったイメージがぶち壊した教育再生への道
 (3) ゆとり失敗の原因〜一番イメージできなかったのは教える側
 (4) 頭が良くなる早道は「ちゃんと遊ぶこと」=「イメージの貯金」
 (5)「記憶」を支えるのはイメージ。

2 「イメージ」は自ら学ぶ気持ちを育てる。

 (1) なぜ?→【イメージ】→そうか、わかった!
 (2) 「テストは楽しい」のイメージづくり〜実力点を出そう。
 (3) 「学び」は究極の「遊び」
 (4) 禁止から生まれるものは何もない。
 (5) 「賢い子」を育てたいならまず親が学ぶ。
 (6) 「イメージノート」を一冊持つ
 (7) 「コマちゃん」誕生秘話

3 「イメージ」で国語の力をつける。

 (1) 漢字はひとりひとりの人間と同じ。
 (2) 文章を書くには「役者」になろう。
 (3) 毎日の生活で国語の勉強は出来る。
 (4) 「固まりトレーニング」

4 「イメージ」で数学(さんすう)の力をつける。

 (1) 計算がわからなかったら数字に置き換えて考えよう
 (2) 文章問題は「数学語」に訳して考えよう
 (3) 頭で考えないで紙と鉛筆に考えさせる。
 (4) 等式は上皿天秤
 (5) 分数ってとっても便利

5 「イメージ」で英語の力をつける。

 (1) 英語に訳す前に、まず日本語を英語的日本語に訳そう
 (2) 並び替え問題は、プラモデル作りと同じ。
 (3) 長文問題は比べっこ。
 (4) リスニングは必死で聞かない。
 (5) 英語が上達したかったら音楽を学ぼう。

6 「イメージ」でテストの点をアップさせる。

 (1) テストはパズルと同じ。
 (2) テストはかくれんぼと同じ。
 (3) テストは根比べと同じ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

目次

記事

PROFILE

駒村みどり
【スマイルコーディネーター】

音楽活動(指導・演奏)、カウンセリングや学習指導、うつ病や不登校についての理解を深める活動、長野県の地域おこし・文化・アート活動の取材などを軸に、人の心を大切にし人と人とを繋ぎ拡げる活動を展開中。

WebマガジンNgene特派員
(長野県の文化、教育、地域活性化などに関わる活動・人の取材)
【羅針盤】プロジェクトリーダー。

Twitter:komacafe 
HP:コマちゃんのティールーム
メルマガ:【うつのくれた贈り物】
facebook:Midori Komamura

詳細は【PRPFILE】駒村みどりに記載。

カレンダー

2019年7月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031