エジソン成功の理由

なのになぜ、今の日本では「勉強すること」=学ぶことになってしまっているのでしょうか。学校ではちゃんと「学び」の方法を教えてあげているのでしょうか。「学ぶこと(内容)」を提示した後、それをちゃんと「習う」方法をろくに提示せず、テストで「理解度を確認」(とは言え点数の高い低いが判定基準になっている場合が明らかですが)して、点数が低いから「勉強しなさい」となる。

おかしいですよね。学校でちゃんと「学ぶこと」「習う方法」がわかったら、知識を得ることの楽しさを知った子供たちが自ら「もっと知りたい」「もっと出来るようになりたい」と「勉強」する……それが本来の姿であり、流れであるべきなのです。

ところが。今の学校では「この単元の主眼」というものが設定されていて、知識の取得が授業の最終目的です。「学びの方法」ではありません。それを取得したら、その力を次につなげる間もなく「次の単元の主眼」に取り組まねばなりません。

身についたかどうかの確認はあくまでも点数で。平均点の上か下か。それだけの判定で進んでいきます。その子がいったいどこに躓いてわからないのか。逆にもしかしたら偶然ヤマカンで良い点が取れただけなのか。その判別は点数だけでは絶対に出来ません。だから点数が悪いと「わかってない」から「ダメ」となって、先生からも親からも「もっと頑張れ」と怒られます。だけど「どうしたらわかるようになるのか」はだぁれも教えてはくれません。

「何だ、ぼくはどうせ出来ないダメなやつだ」「こんなのわけわかんね〜」……わからない生徒は、「わかりたい」「出来るようになりたい」という自分を押し殺し、そうやって自分を卑下するか笑ってごまかすかでその場をしのぐしかないわけです。それがずっと続くわけです……もしかしたらエジソンのように、徹底的に「学び」に集中し、「習い方」を教えてもらえればちゃんと自分で「勉強」出来るようになる子は山ほどいるのに。その子もごまかし笑いではなく「わかった!」という笑顔になれるはずなのに。

つまりそうやって子供たちの「可能性の芽」をつぶしているのが点数に左右される学校や親たちなのです。それに翻弄される子供たちがやがて力尽きて学ぶことの楽しさ、喜びも知ることがないままに「勉強嫌い」になるのは当然でしょう。いえ、「勉強嫌い」と言うよりも、「勉強がしたくても手も足も出ない」状況にある、と言った方が正しいでしょう。

今の日本の教育がなぜ落ち込んでいるのか。生徒の学力が落ちているのか。ここまで読んだら「それは仕方がない」と思いませんか?日本の教育がなぜ「ダメ」なのか……それは「勉強」と「学習」の区別もつけずに順序を間違え混乱している結果なのです。

その混乱を解消し、きちんとした学びを取り戻すための特効薬が実は「総合学習」です。そう、それこそがいわゆる「ゆとり教育」の柱とされた学習のあり方だったのです。

「ゆとり教育は失敗」といわれ、「ゆとりはダメだ」と揶揄されるあの「本来の学びを取り戻すための最後の手段」を失敗に導いたものは……何あろう、この「勉強」と「学習」とをまぜこぜにしか捉えることの出来ない日本の社会全体だったのです。

Photo : Midori Komamura

今、子供がテストの点のところを折って隠して持ち帰ってくるテスト。なぜ「点数」を隠しているのでしょうか?

それは、悪い点だと出来ないヤツの証明になり、進学先を決めるのにも、成績を決めるのにも、みんなその「点数」がものを言うからです。時に友だちづきあいにまでも影響する「点数」。

けれど、その点数にはいったいどのくらいの意味があるのでしょうか。

「先生……今回ダメでした。親に怒られました。」

そういって私にすまなそうにテストを手渡す生徒の答案を拡げます。ざっと見ると以前は全く計算問題さえも解けずに「当てずっぽう」で書いていた答えが、今回は間違えてはいてもかなりいいところまで行っています。

「ねぇ、今回のテストの手応えはどうだった?」
「先生、間違えたのだけど、ここは計算間違いしちゃって、ここは写し間違いしちゃって……ものすごく悔しいです。」

テストの点自体は全く変化がない同じ40点だとしても。まったくわからない40点の時にはこの生徒は自分のばつの悪さを隠すために笑ってごまかしていたけれど、同じ40点でも今回の表情は「悔しい」とにじみ出すもので、以前のごまかし笑いなどは全く浮かんでいません。

けれど、学校でもお家の人の評価でも、この40点は「変化がない」40点なのです。この子がいかに頑張って「わからない」ところから「わかっても間違えてしまって悔しい」ところまで進歩し、成長したのか……それを誰も認めてはくれないのです。変化がない「点数」しか見てもらえないせいです。

けれども。この生徒はすでに「わかる喜び」も「解くことが出来た快感」も体験しています。以前のように笑ってごまかさなくても、「ここが間違っていたから、次はここに気をつけよう」という道筋が自分の中で出来上がっているのです。つまり出来るというイメージが自分の中で確立したのです。

こうなると、後は自分で学ぶ喜びにむかって進みます。「勉強しなさい」などと言われなくても、自分からちゃんと学ぼうとするのです。

「勉強」という漢字を見つめてみてください。「勉めて(努力して)強くする」という二つの感じはどちらも「強化」する意味合いがあります。むち打って強くなること、それが「勉強」。つまり「学び」そのものを意味するのではなくて、「学ぶための方法・手段・姿勢」なのです。

一方の「学習」は、「学び習う」こと。学ぶという言葉の語源は「真似る」から来ています。つまり、お手本を見習ってその真似をして身につけること。習う、というのはそうして教わったことをくり返し練習して身につけること。

英語では勉強=study、学ぶこと=Learnと一般的に訳されていますが、確かにstudyというのは「強化する」という意味合いを持ちますし、learnというのは学ぶ、習う、などの意味の他にも「知る」という意味合いも含まれます。

学校でやるべきこと、生徒に対して行うことはまず「学び」があるべき。そして学習、という経験を積んだ生徒たちが自らそれを身につけるために頑張る行為、それが「勉強」なのです。

(3につづく)

まなび

Photo : Midori Komamura

1「ゆとり教育」はなぜ失敗したか。
(1)「勉強」と「学習」は全く違う。〜エジソン成功の理由

まなび

Photo : Midori Komamura

 
 

第1章でも触れたように、今でこそ発明王と称されるエジソンも幼い頃は「劣等生」でした。

どうやらエジソンは「学校の勉強」は得意でなかったし、科学理論に詳しかったわけでもなかったようです。けれど、なぜあれほど多くの発明で人に役立つことが出来たのでしょう。

彼が友人に残した言葉によると「自分は頭で(考えて)発明をしたのではなく、自然界のメッセージの受信機として宇宙という大きな存在からのメッセージを受け取り記録(=発明)していたに過ぎない」……のだそうです。

この彼の言葉からも、あの数多くの偉業は彼自身がいかに「イメージする力」と、それを「拡げる力」に支えられて成し遂げてきたのか、ということがわかります。

机の上でひたすら紙とペンを相手に計算していただけでは出来ない事だったのです。

彼は、幼い頃に学校からはみ出して教師からは劣等生扱い。だから彼の母親が彼を自らの手で学び導いたのだと伝えられます。(この真偽については様々な説があるようですが)

母親は、彼の好奇心に満ちあふれた「なぜ?」「どうして?」という質問の中に、彼がイメージしようとしていることを見取って、それを支え、拡げる教育をしたようです。

エジソンの母を伝える文では「いい点を取る子=いい子供」という感覚とは全く逆の理念を持ち、エジソンの力を見抜くことの出来なかった学校を「興味を持たせられない教え方が悪い」と辞めさせ、彼女自身がエジソンを教育しながら彼の「なぜ」「どうして」を解明しようとする姿に徹底的につきあった、といわれています。

(2に続く)

目次

記事

PROFILE

駒村みどり
【スマイルコーディネーター】

音楽活動(指導・演奏)、カウンセリングや学習指導、うつ病や不登校についての理解を深める活動、長野県の地域おこし・文化・アート活動の取材などを軸に、人の心を大切にし人と人とを繋ぎ拡げる活動を展開中。

WebマガジンNgene特派員
(長野県の文化、教育、地域活性化などに関わる活動・人の取材)
【羅針盤】プロジェクトリーダー。

Twitter:komacafe 
HP:コマちゃんのティールーム
メルマガ:【うつのくれた贈り物】
facebook:Midori Komamura

詳細は【PRPFILE】駒村みどりに記載。

カレンダー

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031