「イメージ」する力が持つもの。

今の世の中は、理不尽な物事で覆い尽くされています。

まじめに頑張っているからといって報われる事は少ないし。
むしろ、勝手な事をしている人の方がうまい事やっているような感じすらします。
テレビをつけたら展開されるニュースは暗い物ばっかりです。

東京で電車に乗ると毎日のように流れる車内放送。
「人身事故による遅れがでています」………
都会では「人身事故」=「自殺」が当たり前になってしまった日常。

警察庁のデータなどによると昨年2009年の総自殺者数は32845人で12年連続で3万人を突破、死因としたら癌や心疾患などに次いで6番目。

その一方で、かつての殺人の動機と言ったら「怨恨」だった物が、今や「誰でもいいから」「通りがかりの人」が巻き込まれるケースもものすごく多くなっています。

こんな深刻な状況にありながら、それはだんだん「日常」になってしまっています。
そして、そういう事件や人の命は、マニュアル化されたルートに従って淡々と処理されていきます。

ものすごく恐ろしい事です。

「お母さん、何でみんな反乱起こさないのだろう?」

私の高校生の息子と娘がそう言います。
そうなんです、人は、戦うどころかふんばる力さえも失ってしまっているのです。

高校生の子供たちでさえも感じているこの理不尽と不条理がまかり通っている世の中で、反旗を掲げる者もない。文句を言うものもない。
皆黙ってその「流れ」に従って、黙々と生活しているのです。

その「流れ」に乗れない者は、落ちていくだけです。落とされ、振り分けられていくだけです。さらに周りの誰もがそれを防ぐ力がない。落ちる者を守る力もない。

みんな自分が立っているだけで精一杯だからなのです。
かつて私も、「どうにもならないのだろうか」とあきらめかけた事があります。

それを引き起こしているのは何だろうか。
それは、「イメージ力の欠如」です。

それを防げないのはなぜだろうか。
それも、「イメージ力が弱くなったから」です。

そして……
「イメージするための材料」がどんどん削除されていくからです。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

けれども。
「反乱」は実は、あちこちで起こっているんです。ちゃんと。
小さいけれども、あちこちで、人は頑張ってふんばっているんです。

私がここまでに出会った人達が「まだ行ける、まだ頑張れる」とふんばっている。
そういう人達がたくさんいる。

それを感じ、そういう人をたくさん知り、そういう人の言葉をたくさん聞き、そういう人やったことを受けとめてきた自分に出来る事をしたい……そう思いました。

わたしにできること。
それは「つなげる事」「ひろげる事」「手渡す事」。

たくさんの物事を受けとめて、それを私自身の経験や知識と結びつけ、人々に伝えやすい方法で伝える事。

それをしようと思いました。
そして、書きはじめたのがこの文章です。

自分の中で一つ一つを整理し、まとめ、つなげ、絡めながらそれを言葉に載せて伝えようと思います。伝える努力をしていきます。

ですから、もし、この中にあなたの心に何か引っかかるところがあったら。
是非、それをもとに自分の身のまわりを見回してみてください。
そして、私の「言葉」をあなたの「事実」で置き換えてみてください。

それが出来るあなたには、ちゃんと「イメージする力」があるのです。
それが出来るあなただったら、ちゃんと「革命」を起こす事も出来るのです。

Photo : Midori Komamura

  

コメント & トラックバック

コメントする

目次

記事

PROFILE

駒村みどり
【スマイルコーディネーター】

音楽活動(指導・演奏)、カウンセリングや学習指導、うつ病や不登校についての理解を深める活動、長野県の地域おこし・文化・アート活動の取材などを軸に、人の心を大切にし人と人とを繋ぎ拡げる活動を展開中。

WebマガジンNgene特派員
(長野県の文化、教育、地域活性化などに関わる活動・人の取材)
【羅針盤】プロジェクトリーダー。

Twitter:komacafe 
HP:コマちゃんのティールーム
メルマガ:【うつのくれた贈り物】
facebook:Midori Komamura

詳細は【PRPFILE】駒村みどりに記載。

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930