記事一覧

日本口コミ最高級のスーパーコピーブランド時計N級品激安販売優良店

日本口コミ最高級のスーパーコピーブランド時計N級品激安販売優良店,スーパーコピーブランド時計N級品!スーパーコピー時計専門店!スーパーコピーのブランドバッグや、ブランド財布、ブランド時計など様々な有名スーパーコピーブランド 偽物の幅広い商品を通販でご購入いただけます。スーパーコピー時計,バッグ,財布様々な商品には最も美しいデザインは、最も高級な材料,本物と見分けがつかないぐらい.
スーパーコピー時計
ロレックススーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
カルティエ時計スーパーコピー
シャネルバッグスーパーコピー
エルメスバッグスーパーコピー
グッチバッグスーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
オメガ時計スーパーコピー
ブルガリ時計スーパーコピー
シャネル時計スーパーコピー
タグホイヤー時計スーパーコピー
フランクミュラー時計スーパーコピー
ジェイコブ時計スーパーコピー
ブライトリング時計スーパーコピー
オーデマピゲ時計スーパーコピー
ガガミラノ時計スーパーコピー
iwc時計スーパーコピー
リシャールミル時計スーパーコピー
ヴァシュロンコンスタンタン時計スーパーコピー
パテックフィリップ時計スーパーコピー
ゼニス時計スーパーコピー

スーパーコピー時計N級品
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピー靴N級品
スーパーコピーベルトN級品
スーパーコピーサングラスN級品
スーパーコピーマフラー/スカーフ専門店
スーパーコピージュエリーN級品
プラダバッグスーパーコピー
クロエバッグスーパーコピー
ロエベバッグスーパーコピー
MCMバッグスーパーコピー
ボッテガヴェネタバッグスーパーコピー
ミュウミュウバッグスーパーコピー
サンローランバッグスーパーコピー
バレンシアガバッグスーパーコピー
ゴヤールバッグスーパーコピー

最高級スーパーコピー時計N級品ブランド販売専門店

スーパーコピー時計
ロレックススーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
カルティエ時計スーパーコピー
シャネルバッグスーパーコピー
エルメスバッグスーパーコピー
グッチバッグスーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
オメガ時計スーパーコピー
ブルガリ時計スーパーコピー
シャネル時計スーパーコピー
タグホイヤー時計スーパーコピー
フランクミュラー時計スーパーコピー
ジェイコブ時計スーパーコピー
ブライトリング時計スーパーコピー
オーデマピゲ時計スーパーコピー
ガガミラノ時計スーパーコピー
iwc時計スーパーコピー
リシャールミル時計スーパーコピー
ヴァシュロンコンスタンタン時計スーパーコピー
パテックフィリップ時計スーパーコピー
ゼニス時計スーパーコピー

スーパーコピー時計N級品
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピー靴N級品
スーパーコピーベルトN級品
スーパーコピーサングラスN級品
スーパーコピーマフラー/スカーフ専門店
スーパーコピージュエリーN級品
プラダバッグスーパーコピー
クロエバッグスーパーコピー
ロエベバッグスーパーコピー
MCMバッグスーパーコピー
ボッテガヴェネタバッグスーパーコピー
ミュウミュウバッグスーパーコピー
サンローランバッグスーパーコピー
バレンシアガバッグスーパーコピー
ゴヤールバッグスーパーコピー

籠のデッサン

ファイル 19-1.jpg

籠を描くのは大変難しく、デッサンのモチーフとしては難度が最も高い部類に入ります。

籠の編み目の規則性を構造を理解し、遠近法をきちんとあわせて描くという作業は、かなりの集中力と思考力、分析する力が必要になります。
作者はデッサンを始めて1年未満の高校1年生。

籠をよく観察し、何回も形を取り直して、読書形を理解しながら完成させることができました。

油絵模写 アルベルト・アンカー

ファイル 18-1.jpg

教室では、お気に入りの画家の模写の授業も行っています。掲載の作品はスイスの国民的画家 アルベルト・アンカー(Albert Samuel Anker 1831~1910)の作品模写です。まだ制作途中段階ですが、完成したら完成作品を掲載致します。
服の腕の部分が未完成で生徒さんも表現方法に悩まれていました。面の表現や陰影など、アンカーの作品は洗練されているので、それを写すのはなかなか難しいものです。難しいところはありますが、出来上がった作品を想像するのは楽しいものです。この読書生徒さんも積極的に取り組まれていました。
模写は、いろいろな発見があって興味がつきないものですね。

陰陽師の安倍晴明ゆかりの神社

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpg

 御池アートスクールから自転車で10分くらいのところに安倍晴明ゆかりの晴明神社があります。安倍晴明は平安時代の陰陽師で、最近はテレビやマンガで有名なりました。以前は、この晴明神社もあまり人がやってこなくて、ちょっと寂しい怪しさが漂っていたそう。今はもちろん大人気の神社です。場所は堀川通りに面した今出川通りにほど近い場所。まさに市街地のまっただ中です。付近にはお茶の殿堂、裏と表の千家があったりと観光名所が豊富です。パワースポットの一条戻り橋もあります。
 晴明神社は名前だけは知っていましたが、どこか遠くの暗い森の中にひっそりとあるのだろうなぁと勝手に思いこんでいましたが、こんな派手な場所にあるとは、意外でした。
 今回は前をで自転車で通りかかって、読書写真を撮っただけですが、なんと鳥居の額に社紋である五芒星(ごぼうせい)がどーんと描かれていたのにはちょっとびっくりしました。五芒星は、陰陽道における強力な“魔よけ”のマークらしいです。
 時間が出来たら、神社の中も探索したいと思います。

石膏デッサン

ファイル 16-1.jpg

 教室では基礎のデッサンをマスターした人がそのままデッサンコースを続ける場合、難度の高いモチーフとして石膏デッサンを行ってもらうことが多いです。
 石膏デッサンで使われる石膏像は神像であったり、歴史上の人物像であったりします。このような人物の形は描くことがとてもおもしろく、また難しいです。
 骨格や筋肉、顔の表情、全体的な奥行き感など、学習する要素は多く、石膏デッサンを1枚完成させることができるとデッサン力は飛躍的にアップしたと感じられるようです。
 いま、生徒さんが取り組まれている石膏像はアリアス像です。アリアドネ像とも呼びます。神話上の女性像です。うつむき加減の顔の表情と豊かな髪型に特徴があり、繊細な光の加減が美しい像です。

アクリルガッシュの平塗りで透明感を出す方法1

ファイル 15-1.jpg

不透明水彩のべた塗り(ムラ無く平塗りすること)で透明感を出すための練習です。透明表現は色面同士の重なり部分に中間の性質をもつ色彩を与えることで視覚的に透明感を作り出すことが出来ます。
掲載作品は色彩初学者の色彩作品です。アイデアスケッチの段階から多くの試行錯誤しています。

■課題の条件
一辺15㎝の正方形を用紙中央に並べ、それを画面とする。その画面をそれぞれ垂直線、水平線合わせて3本の直線と、円2個を用いて分割し、透明感を出しなさい。
使用する色の数などは自由とするが、それぞれ分割した面をムラ無く塗ること。

上記が課題の条件となっています。

アクリルガッシュの平塗りで透明感を出す方法2

ファイル 14-1.jpg

●上の図は円2個と垂直線2本、水平線1本を重ねたイメージ。垂直線、水平線とも色面的には長方形として扱われている。
●中の図は重ね合わせたイメージ
●下の図は画面イメージ。(実際は画面としての正方形枠内のみが画面となる)

■思考方法

課題の条件が一つの画面につき、円が2個、垂直、水平の線を合わせて3本という条件になっています。透明感を出すためには円同士を重ねることや直線と円を重ねることを考えます。直線の解釈ですが、直線=面の際(きわ)と考えると良いようです。つまり、1本の直線は画面上では1個の長方形の輪郭線としてとらえるのです。つまり、課題の条件である3本の直線は、3個の長方形として解釈し、この3個の重なりと円で透明感表現を行う要素とします。さて、重なったところがどのような色彩になるかは、次の加法混色と減法混色を参考にしてください。

アクリルガッシュの平塗りで透明感を出す方法3

ファイル 13-1.jpg

●上の図は3つの円が加法混色で重なったときの色彩イメージ
●下の図は画面上で円と直線が重なったときの明暗イメージ


■加法混色(加算混色)のイメージを使った透明感表現

加法混色とは光の混ぜ合わせによる混色効果です。光を合わせると、より一層強い光になり合わさったところが明るくなります。たとえば今、3つのライトを用意したとします。
それぞれのライトに、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3枚のセロファン(フィルター)を貼って、白い面に光を照射してみると、赤と青が重なったところは、明るいピンクになり、緑と青が重なったところが鮮やかな明るい水色、赤と緑が重なったところは、明るい黄色になります。そして、中央の3つの光が重なったところは白になります。
光の3原色は、赤と緑と青の3色で、その混色でピンク、水色、黄色が出来きます。
もちろんこれらの色彩は光の三原色が重なったときに出来る色味のことです。色彩の構成(デザイン)を考える場合には、いろいろな色味(いろいろな光の色)の重なりを考えると良いと思います。
そして、この加法混色は光が重なるイメージですので、背景の色彩を暗くし、重なっていく主要な要素を明るく鮮やかな構成を考えると効果的です。

アクリルガッシュの平塗りで透明感を出す方法4

ファイル 12-1.jpg

●上の図は3つの円が減法混色で重なったときの色彩イメージ
●下の図は画面上で円と直線が重なったときの明暗イメージ

■減法混色(減算混色)のイメージを使った透明感表現

 減法混色とは色の重なりによる混色効果です。 3枚の円形に切り取ったセロファンを用意したとします。それぞれのセロファンは、藍色のシアン(Cyan)、鮮やかな赤のマゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)です。その円形セロファンを重ねると青と赤が重ねられたところが、紫、赤と黄色の重なりでオレンジ、黄色と青の重なりで緑になります。
そして、中央の3色が重なり合っているところが黒になります。
 この混色は、絵の具を混ぜ合わせたときの色彩効果に近いですが、それよりも少し透明感のある色調になります。このシアン、マゼンダ、イエローにブラック(blacK)を補った4色をCMYK(シーエムワイケー)といいます。これは印刷用語ですが、最近はパソコンに接続したプリンターインクなどでもその名称が親しまれるようになりました。
さて余談ですが、ブラックなのに、略のBではなくKというのは、その昔、印刷が版で行われていた由来からある名称のようです。黄-紅-藍-墨の順で刷りが行われて、黒が最後に入ったときに引き締まった印象になるのでキー(鍵)となる版でK版いうのだそうです。現代では昔とは違った刷り順になっていることが多いので、なごりといえるでしょう。
 さて、このように減法混色は重なるほどに濃くなっていく混色ですので、画面の主要な要素に対して背景が明るい方が効果的です。一般的に周りが明るくて主要な部分が暗く引き締まった印象になるようです。

ページ移動